無免許業者にはご注意ください!

いつもご覧頂きありがとうございます。

今日で11月も終わりですね。明日から12月、一年が経つのは、はやいですね・・・。

さて、本日は、住宅のリフォームについて書きたいと思います。

お家のトイレやお風呂、キッチン、外壁などリフォームを考えたきっかけは、キレイにしたいや使い勝手を

良くした、修繕しないと・・などなど多くの理由でリフォームを検討されると思います。

その際、どこの業者さんに工事をお願いしようか、これがリフォームを検討した時に一番最初に悩む

所だと思います。今では、多くの住宅関係会社がリフォームを取り扱っています。

大手ハウスメーカーさんからリフォーム店さん、または専門店さんなどたくさんありますが

一番注意をして頂きたいのが無免許でリフォームを取り扱っている業者さんもいるので注意が必要です。

リフォームは、事務所登録免許や建設業の免許など無くても工事を行う事ができます。

その為、全く建築の知識のない会社(営業マンなど)がリフォームを取扱い簡単にお店の看板を掲げる

業者があります。免許などがいらない分、簡単にリフォームを行う事ができるので参入しやすいという

部分があり参入しています。リフォームは新築よりも難しい部分があり本来は、きちんとした建築の知識が

必要です。しかし上記の事から無免許業者が多く乱立してしまっています。

事務所登録免許や建設業の免許などがきちんとある業者を判断する方法は、

最近では、どの業者さんもホームページを持っています。そのホームページの中で

『会社概要』のページが必ずあるはずです。そのページに免許登録などが書いてないと無免許業者だと

判断できます。また会社概要ページがない業者はもちろん論外です。

登録ができないといいことは、実績がないなどの理由が考えられます。

リフォームは専門の知識が必要です、いくら工事金額が安くても無免許業者には絶対にリフォームを

御願いしてはいけません。本日もご覧頂きありがとうございました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ