塗料と塗装工事

いつもご覧頂きありがとうございます。

今日から9月ですね。新学期も始まり、いよいよ秋ですね。

さて、本日は、外壁塗装のお問い合わせを頂いてからその後、お家の状態や実測を行なわさせて頂く

現場調査を行なわさせて頂いています。この現場調査は、正式なお見積もりをご提出させて頂く為に

必要な事なのですがその際、お客様に塗料のご希望をお聞きさせて頂いています。

その際、多くのお客さまから『どんな塗料があるの?』『よくわからなくて・・・』などのご質問を

多く頂きます。そこで本日は、塗料について解説致しますね。

まず、現在一般的にお家の塗替えに使用する場合、シリコン樹脂塗料が圧倒的に多いです。

お家の塗替え時は、現在このシリコン樹脂塗料が主流ですね。耐久性も約10年位で価格もリーズナブル

点が特徴です。続いて遮熱や断熱、防水機能に優れた特殊機能を持つガイナやアステックペイントなどの

特殊塗料もあります。

この特殊塗料は、耐久年数が約15年位で夏場、お部屋が暑いや寒いなどを気にされている方におススメですが

先程のシリコン塗料より特殊機能が付いている分、価格が割高になります。

さて、ここで問題!どれが一番、塗り替える時に使用するといいのか?

これ悩みますよね?営業マンや他社では、単価を上げる為によく特殊塗料をススメてきますが・・・

次回の塗替え時期をできるだけ延したいとお考えの方も多いはずです!

誰もが少しでも次回の塗替え時期を延したいと考えるのは当たり前です、そうなると耐久性が長い

特殊塗料で塗り替える方がいいのでは?と考えますよね。

では、答えです。実は、一概に特殊塗料で塗り替えた方がいいとはいえません!

お家を建てられたり、買われたりしてから約10年で塗替えの時期と外壁塗装の場合は、言われています。

10年経てば、長年、雨や風、台風などからお家を守ってくれた屋根や外壁、その他の樋など外部に

面する所が傷んでいるかもしれませんよね。シリコンで塗り替えた場合、次も10年後なので次回の塗替え時に

お家の状態がチェックでき早めに傷んでいる所が発見できたりします。

では、特殊塗料で塗り替えた場合、耐久年数が15年位ですので次回の塗替えは、15年ごろ・・・

シリコンより5年耐久性が延びることは、経済的にお得ですが5年長いので傷んでいる所の発見が遅くなる

可能性があり、塗替えの費用より外壁や屋根などの補修費の方が高くつく可能性もあります。

ですので一概にどちらがいいといいきれません。お家の状態やお悩みなどをお聞きさせて頂いてから

一番いい塗料をご提案してもらい、ご自身で選ぶ事が最善の塗料の選び方です。

外壁塗装に使用する塗料は、たくさんあります。もっともお家の状態やお悩みを解決できる塗料で

塗り替える事がお家を長持ちさせ塗装工事をする意味があります。

本日もご覧頂きありがとうございました。

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ