下塗り塗料は全て同じではいけません。

いつもご覧頂きありがとうございます。

先週末は、雨が降るましたが日曜日は、いいお天気でしたね。

さて本日も宝塚市Y様邸屋根外壁塗装リフォーム現場に行ってきました。

先週末は、雨の為、現場がお休みとなりましたが金曜日に屋根などの板金部分の下塗りを行なったので

今日は、そのチェックを行いました。

屋根塗装 宝塚市 下塗り

屋根は実は、屋根材だけで出来ているのではなく棟板金という板金の部材も含んで屋根は出来ています。

その為、屋根の下塗り塗料とは別に板金にはさび止めという下塗り塗料を塗らなくてはいけません。

屋根塗装 兵庫県 さび止め塗料

お家は、さまざまな部材が集まって一つのお家が出来ています。

その為、その部材に適した下塗り塗料で下塗りを行なわなければいけません。

適切な下塗り塗料を選択ししっかりと下塗りを行う事がその後の中塗り・上塗りを長持ちさせる事ができ

とても重要な工程になります。この工程をしっかりとチェックすることが大事な事です。

お家の塗装リフォームは塗り替えだからという感覚で行いがちですが適切に塗り替えリフォームを

行なわなければ本来の塗装リフォームの目的がなくなってしまい高いお金だけ払ってしまう事に

なってしまいます。その為には、しっかりと各工程チェックをする事がとても重要になってきますので

外壁塗装=チェックする事を覚えておくといいと思います。

皆さんの外壁塗装リフォームが成功する為にご参考になれば幸いです。

本日もご覧頂きありがとうございました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ